07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

QUOLOG(クオログ)

GROOM MARE QUOLIA店長の日々のお話

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

季節を感じる植物 

さーさー今日はどんなくだらないお話をしましょうか?
ついにでましたね?桜の開花予想・・・。
今年は東京は3月26日~3月31日などといわれていますが
なんで毎年、桜は春になると咲き誇るんでしょうか?

桜の開花は気温も十分関係するのだが、気温だけではないらしい
桜や植物にとってもっと大きく影響するものがある
それは,『昼と夜の長さ』
この昼と夜の長さで植物たちは季節を感じ取っているらしい

昼が長くなるとつぼみをつけて花を咲かせるものを
長日性植物
逆に短くなると花を咲かせるものを
短日性植物
と呼ぶらしい。
桜は長日性の植物なんですねー。

スポンサーサイト

Category: 店長のくだらない話

tb 0 : cm 0   

正月気分もぬけて 

コンビニ・スーパーなどなど
巷のお正月ムードは消え

ディスプレイ・ポスターなどは
『恵方巻きご予約承ります』なんて書いてある
のを見かけるようになった。

「あー節分かー」
でもなんで豆まきするんでしょう?

豆をまくのは鬼の目(魔目)をつぶすため
という俗説があるそうです。
そして、その豆は、生ではなく、煎った豆を使う。
どうして煎った豆なのか?
実は鬼は爆音・破裂音が嫌いとされており
豆を煎ったときの破裂音が鬼に対する威嚇となるからなのだ。

節分の夜の豆まきは室町時代に始まっている。
日本では古くから悪鬼をはらう『鬼やらい』の儀式が寺社などで
行われていたが、豆は使わなかったそうです。
じゃーなぜ、豆を使うようになったかというと
古くから農村で行われていた『豆占い』と『鬼やらい』が
あわさって豆まきが誕生したそうです。

豆占いとは、12粒の大豆を炉の灰の上に並べて
焼け具合でその年の月々の天候を占う行事で
年の初めに行われていた。


今は『恵方巻き』を恵方を向いて食べるのが流行だが
鬼の嫌いな破裂音のする
『ポップコーン』を食べるな~んて日が来るかもしれないですね?
部屋も豆だらけにならないですしね。

Category: 店長のくだらない話

tb 0 : cm 0   

日本の国技って? 

最近、盛り上がってますねー。
相撲が・・・
いろんな意味で・・・。
特ダネの小倉さんどーするんだろう?

さてさて、この相撲って『日本の国技だ』と
お思いの方、多いと思いますが、
国技じゃないらしいんです。

ただ、国技館でやってるから
国技だと思い込んでしまってるんです。
無理もないですよね。だって国技館ですし・・。

じゃー日本の国技って何?
実は、ないらしんです。
うーん、国技のない国、なんか切ないですね。

Category: 店長のくだらない話

tb 0 : cm 0   

[『1st』 『1th』 正しいのは? 

1周年の記念品を
作るのに、ひとつの問題がおきた

『1st』なのか『1th』なのか
という問題・・・。

これ調べると意外と奥が深いんです。

結論から言うと
『1th』という表記の仕方は
間違いみたいです。
この先、未知数に続きますみたいな
意味合いを含んではいるようですが・・・。

世界基準ではおそらく『1st』
このあとに続くのが『2nd』、『3rd』・・・。

そしてここから『4th』
初の『th』となる・・・。

まーどっちでもいいんですけどね~

ちゃんとしたものを作るときには
『1st』を使うことをおすすめしますが
一番いいのは日本人らしく
『1周年』ってちゃんと書くことですよね?





Category: 店長のくだらない話

tb 0 : cm 0   

薄いのって遺伝するの? 

「ハゲって遺伝するの?」って最近よく聞かれるのですが、
結論から言うと
薄毛の体質は遺伝しますが、薄毛そのものは遺伝しないようです。

薄毛は遺伝で決まると思われがちですが、100%言い切れません。
父親が20代から薄毛だったからといって、子供が20代から薄毛になるというわけではありません。
では、薄毛になりやすい体質って、どういう体質なんでしょーか?
脱毛のメカニズムはまだすべてが解明されていないのが現状です。今有力な説としては
男性ホルモンが大きな関わりを持っているという説です。
具体的にいうと
毛母細胞の細胞膜に存在する酵素が、ある種の男性ホルモンと結合して
タンパク質の合成を抑制する物質をを作り出してしまうのです。
毛母細胞でタンパク質が合成されないと髪の成長も止まってしまいます。
酵素の量や活動、男性ホルモンの量が多いかなどが、脱毛に関する遺伝的要素となります。

簡単にいうと、男性ホルモンがそこには毛は必要ないよって指令を出してしまうんです。
毛をそこへ生やすのも男性ホルモン、また失くしてしまうのも男性ホルモン。
毛を生かすも殺すも男性ホルモン次第・・・。というところですかね。

なんにしても、髪に良くない生活を続けていれば、薄毛になる可能性はあがります
早くからヘアケアに関心を持って、
『髪にいい何か』を心がけましょう。

先祖代々大丈夫だからといって油断するのは禁物ですよ。

Category: 店長のくだらない話

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。