09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

QUOLOG(クオログ)

GROOM MARE QUOLIA店長の日々のお話

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

私の10年間(5) 

シャンプーそれは新人理容師の登竜門・・・
その登竜門の敷居につまずき私は見事にずっこけた。

私の理想は、シャンプーなんてちょいちょいとこなして、即カットデビュー!!
理容学校時代の華々しい功績などほとんど通用しない。それが現実だった。
理容学校でちょっと成績がよかったため私は天狗になっていたのかも・・・と今は思う。


鼻を折られた天狗は考えた。理想と現実のギャップを埋めるには
どーしたらいいのかを。

「やっぱ練習っしょ」
実にシンプル極まりないが、それしか考えつかなかったし、それしかないと思う。

私は、先輩が寝る前にお願いして、シャンプーの練習をさせてもらった
(私は、がんばっています。いい子です)みたいなのは嫌だったので
練習はシュレ・・・マスターには内緒の秘密特訓となった。

私は、月日はかかったが何とかお客様にシャンプーをできるくらいにはなった
そんなことよりも、
あの時先輩が秘密特訓につき合ってくれなかったら・・・
シャンプーのコツを教えてくれなかったら・・・
もっと、月日はかかり私はやる気をなくしていたのかもしれない

当時はただただ、シャンプーがうまくなりたい。
リベンジしたい。
そして、できるようになったという達成感しか感じなかったが
この秘密特訓で、私はものすごくやさしさに触れていたのだ。

今だから確実にいえる
「厳しさの中のやさしさ」
私はただただ怒られ怒られ仕事や練習をしているのではなく、
私を一人前にしようと必死になってくれている人のやさしさに
ずっと触れていたということを・・・。〈つづく)


スポンサーサイト

Category: 私の10年間

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quolia3008.blog116.fc2.com/tb.php/42-cabafd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。