07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

QUOLOG(クオログ)

GROOM MARE QUOLIA店長の日々のお話

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

私の10年間(7) 

「えぇー、なんでぇー?社会人にもなってそんなのがあるの?」
受話器の向こうからの声。
私の母の声だ。
みなさんにはご理解いただけるかどうか、わからないが
私の修行先のお店には『家庭訪問』というものがあった。
それを私は、両親につげたのだった。

どおいうものかというと、小学生の頃、担任の先生が自宅へやってくる、あれだ。
当時は自分の担任が自宅へ来るというのは、なんとも不思議な感覚で
ちょっとうれしさもあった・・・。が20歳もすぎ、まさかそんなことがおころうとは・・・。
皆さんにも想像してみてほしい
自分自身が会社の社長と社長の家族をつれて、両親の住む家に
家庭訪問する光景を・・・。
絵的には、なにこれ珍100景登録!!!


営業終了後、私の自宅へ向かう家庭訪問ツアー
御一行は、わが自宅へ
私は、正直不安だった。何よりこの業界のことを知らない両親と
バリバリの床屋さんの話があうわけがない。そう思いながら玄関をあけると
両親が出迎える。
そしてリビングには・・・。
なんと、すし屋でもない父の、にぎりずしがそこにはあった
(あんなに嫌がっていたのに・・・)心の中でつぶやく私・・・。
見栄でもなんでもない最高のおもてなしだと私は感動した。
そりゃー父の握るすしは板前さんが握るお寿司には敵わない・・・
だけど、できあいのものでなく、父自身が、作ったものでおもてなしする心は
何よりも感動をあたえた。少なくても息子の私には・・・。

「お客様をおもてなしする心」
父のそんな姿に、ただただ尊敬した家庭訪問となった。〈つづく〉

スポンサーサイト

Category: 私の10年間

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quolia3008.blog116.fc2.com/tb.php/44-ca1fe6e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。